生活の必需品「石けん」

あきらめないで

真矢みきがCMで「あきらめないで」のセリフで有名になった石けんがあります。悠香の茶のしずくという石けんです。主力成分がお茶の成分をメインで打ち出した石けんですが、「茶のしずく」で健康被害を引き起こしたことがニュースにもなり、石けんが回収される騒ぎになりました。

アレルギー誘発問題

「茶のしずく石けん」は、2005年(平成17年)から2010年(平成22年)の間に延べ約467万人に対して販売されました。そのうちの約4,650万個について、「茶のしずく石けん」に含まれている小麦加水分解物によって、小麦アレルギーを発症する事例(重傷者だけでも66人)が報告されました。そして、厚生労働省は2010年10月に消費者に対して、加水分解コムギを使った石鹸全般に対する注意を発表しています。

同社は、2010年12月8日より小麦加水分解物を含有しない新製品の出荷と、同社のウェブサイトとダイレクトメールなどにより注意喚起と返品交換のお知らせを開始しました。そしてその後2011年(平成23年)5月20日に以前に出荷した旧製品の自主回収を開始しています。旧製品を使用して呼吸困難や意識不明などのアナフィラキシー症状を発症する例も報告されていることこから、国民生活センターは旧製品の使用中止を呼び掛けることになりました。

加水分解コムギ自体は化粧品などで広く使われている成分になっていますが、茶のしずく石鹸に含まれる加水分解コムギ「グルパール19S」(片山化学工業研究所)を使用していたのは悠香が製造を委託していたフェニックス社に対してのみでした。そして、他社の製造した製品では同様の症例は報告されていません。もともと小麦に対してアレルギーをもっている人だけが発症するものではなかったので、アレルギーのない人であっても該当するコムギ成分を含有するものを使用したことによって発症するようになります。

その後に被害者弁護団が結成されて、全国15箇所の裁判所で悠香、フェニックス、片山化学工業研究所の3社に総額70億4千万円の損害賠償を求める集団訴訟に発展しています。悠香側は請求棄却を求めて争う姿勢を見せています。悠香側は裁判の弁論の中で、「アレルギーは体質や遺伝の問題であり、全ての使用者が発症するわけではない」「小麦アレルギーはパンを食べて発症することがあるので、アレルギー源としてはパンも石鹸と同様」と述べていて、商品の欠陥ではないことを主張しています。

アナフィラキー症状とは?

アナフィラキシーとは、ヒトや他の哺乳類で認められる急性の全身性かつ重度なI型過敏症のアレルギー反応の一つです。この用語はギリシャ語のανα ana(反抗して)とφύλαξις phylaxis(防御)を語源としています。ほんの僅かなアレルゲンが生死に関わるアナフィラキシー反応を引き起こすことがあるので注意が必要です。(アナフィラキシーショック)。

そしてアナフィラキシーは、アレルゲンの摂取、皮膚への接触、注射や時に吸入によって引き起こされます。

症状

アナフィラキシーの症状は、IgEと他のアナフィラトキシンの反応が関与しています。それは、これらの物質は肥満細胞からヒスタミンや他の媒介物質(メディエーター)を遊離(脱顆粒)させて、さらにヒスタミンは細動脈の血管拡張や肺の細気管支の収縮、気管支痙攣(気管の収縮)を引き起こします。

ヒスタミンや他のメディエーターは身体の別器官の組織で遊離されますが、これらが(血流等を介して他の部位に運ばれ)気管収縮とこれに伴う喘鳴や呼吸困難、そして胃腸症状(腹痛、さしこみ、嘔吐、下痢など)を引き起こします。ヒスタミンは血管拡張(これに伴う血圧低下)と血流から組織への体液漏出(これに伴う血流量低下)を引き起こして、これらが影響してショック症状へとなります。体液が肺胞に漏出することもあるので、これが肺水腫を引き起こします。

みられる症状

  • 多尿
  • 呼吸困難(呼吸促拍)
  • 低血圧
  • 脳炎
  • 失神
  • 意識不明
  • 蕁麻疹
  • 紅潮
  • 血管性の浮腫(口唇、顔面、首、咽喉の腫脹):生命の危機を呈することがある
  • 流涙(血管性浮腫やストレスによる)
  • 嘔吐
  • 掻痒
  • 下痢
  • 腹痛
  • 不安

アナフィラキシーへの対応

症状が出たときには、すぐに119番通報が鉄則です。即座に119番通報して救急車を呼ぶことと併せて、緊急の注射薬を打つ必要があります。文部科学省や厚生労働省なども、この場合の注射は医師法には触れないとの通達を出しています。学校では、児童・生徒の保護者から、アナフィラキシー対応の自己注射薬を預かるケースが多くなってきています。

もしアナフィラキシー症状がでたら、すぐに119番に電話しましょう。

アナフィラキーショック

アナフィラキシーショックはI型アレルギー反応の一つです。外来抗原に対する過剰な免疫応答が原因になっていて、好塩基球表面のIgEがアレルゲンと結合して血小板凝固因子が全身に放出されて、毛細血管拡張を引き起こす為にショックに陥ります。ハチ毒(Bee venom)・食物・薬物等が原因となることが多くあります。アナフィラキシーの症状としては、全身性の蕁麻疹と以下のABCD(喉頭浮腫、喘鳴、ショック、下痢、腹痛)のうちどれかになっています。また、アナフィラキシーショックは二峰性の経過をとるものがしばしばみられるので、院内で経過観察(約8時間、重症例では24時間)をしなければなりません。アナフィラキシーはIgEを介して肥満細胞が脱顆粒しておこりますが、IgEを介さず肥満細胞が脱顆粒を起こすアナフィラキトイド(類アナフィラキシー反応)と呼ばれる反応もあります。類アナフィラキシー反応として造影剤アレルギーなどが有名です。その他には、ラテックスアレルギー・口腔アレルギー症候群・食物依存性運動誘発性アナフィラキシーなど、特異的なアレルギーがあって、アナフィラキシーショックを起こす場合があるので注意が必要です。

治療としてはエピネフリンの筋肉注射(商品名:エピペン[3])が有効になっていまする。エピネフリン(ボスミン0.3mg)筋注(皮下注では血管が収縮するので作用が遅くなる)はβ2作用で肥満細胞の脱顆粒を抑制する働きがあります。エピネフリンは10分ほどで効果が出るはずなので、反応がなければ2~3回繰り返すことが必要な場合もあります。また、高血圧でβブロッカー(まれにαブロッカーやACE阻害薬でも)を服用している患者ではエピネフリンが効かないことがあるので、この場合はグルカゴン1~5mgが効果があり使用されます。(交感神経を介さず、cAMPを増やすことで効果が出る)ステロイドや抗ヒスタミン薬は4時間くらい効果がでるのにかかるので救急では使えないので注意が必要になっていますが、遷延性や二峰性の後半の反応を予防するためにステロイドを使用することもあります。また、鯖を食べた場合にもアナフィラキシーのような症状を示す場合もあありますが、鯖の場合にはヒスタミンを含んでいて肥満細胞を介するものではないので、抗ヒスタミン薬やステロイドで充分になっています。

エピネフリン

エピネフリン(ボスミン0.3mg)筋注を行って反応が悪い場合には、10~15分ごとに追加投与を行い最大1mgまで投与します。小児の場合には、0.01mg/Kgずつ行って最大0.3mg/Kgです。数リットルに及ぶ十分な補液が必要なこともあります。

抗ヒスタミン薬

全身性蕁麻疹、血管性浮腫の場合はH1ブロッカー特にジフェンヒドラミンを1~2mg/Kgを4~6時間ごとに点滴します。H2ブロッカーのラニチジンを併用することも多いです。

β作動薬

気管支痙縮に対しては気管支喘息と同様にβ刺激薬を投与します。サルブタノールで2~3パフの吸入を行います。

ステロイド

ヒドロコルチゾンを用いる場合が多いです。6時間ごとに1~2mg/Kg投与します。またプレドニン30~40mg/Kgを3日程内服することもあります。

グルカゴン

βブロッカーを内服している場合はエピネフリンの効果不十分のため用いることがあります。1Aで1mgであるため生理食塩水に溶解して1mgのボーラスを行います。効果を見ながら5分ごとに1mgの追加投与を行っていきます。次いで1~5mg/hで持続投与を行います。副作用としては吐き気やめまい、低K血症、血糖異常などが知られています。