s

生活の必需品「石けん」

ザ・石鹸

石鹸は汚れ落としの洗浄剤のことを「石鹸」と呼びますが、科学的に石鹸をいうと【高級脂肪酸の塩】の総称のことです。

マルセイユ石鹸など、一部の石鹸には純植物性の原料だけで作られていますが、大部分の工業的に作られる石鹸は、動植物の油脂から製造されています。特に純石鹸(じゅんせっけん)と呼ぶ場合には、脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムのみになっていて、添加物を含まない石鹸を指しますが、多くの石鹸では炭酸塩や香料などの添加物を含んでいます。

そして界面活性剤でもあるので、油や油を含む汚れを水に分散させる作用により洗浄能力を持っています。また、細菌の細胞膜やウイルスのエンベロープを破壊するために、一部の病原体に対して消毒効果を発揮します。

石鹸を使う時には、水を溶媒として石鹸を溶かして使用しますが、災害時などの水が使えない時などのために、水なしで使えるよう工夫されたドライシャンプーがあります。このドライシャンプーは災害時の他にも介護の場面でも使われているほかにも、宇宙ステーションでも使用されています。

石鹸の歴史

古代から水だけで落ちにくい汚れに対して使われていたのが、粘土や灰汁、そして植物の油やサポニンなどが利用されていました。やがて動物の肉を焼く時に滴り落ちた脂肪と薪の灰の混合物に雨が降って、アルカリによる油脂の鹸化(けんか)が自然発生して石鹸が発見されたと考えられています。

石鹸の「鹸」は「灰汁」や「アルカリ」を意味する字になっていて(鹸性=アルカリ性)、石鹸を平た~く解釈するならば「固形アルカリ」という意味になります。

そしてこの「石鹸」を神への供物として、羊を焼いた古代ローマの「サポーの丘(英語版)」での出来事として、soap が語源とされていますがが、実際の考古学的証拠に基づくと、紀元前2800年ごろにアムル人の王都バビロンで利用されていることが分かりました。そして、紀元前2200年ごろのシュメール粘土板からはシナニッケイの油を原料とした製法が判っています。

ヨーロッパではプリニウスの博物誌の記載が、石鹸についての最初の記載になっていて、ゲルマン人とガリア人が用いていたこと、すでに塩析が行われていたことが記されています。その後石鹸はいったん廃れてしまいますが、アラビア人に伝わって生石灰を使う製造法が広まると8世紀にスペイン経由で再導入されて、家内工業として定着していきました。

12世紀以降には、それまでのカリ石鹸に替わってオリーブ油を原料とする固形のソーダ石鹸が地中海沿岸を中心に広まりました。特にフランスのマルセイユはマルセイユ石鹸として、9世紀以降主要な集散地から生産の中心地となって石鹸産業は発展しました。そしてイギリスの産業革命の中で、ロンドン以降大量生産されるようになって、21世紀の現代に至りました。

日本の石鹸史

日本には安土桃山時代に西洋人によって伝えられたと推測されています。日本での最古の確かな文献は、1596年(慶長元年8月)に石田三成が博多の豪商の神屋宗湛に送ったシャボンの礼状が最古の文献になっています。

日本で最初に石鹸を製造したのは、1824年(文政7年)に江戸時代の蘭学者、宇田川榛斎・宇田川榕菴です。でも初めて作られた石鹸ですが、汚れを落とすための物ではなく医薬品として作られました。

商業用レベルで最初に洗濯用石鹸を製造したのは、横浜磯子の堤磯右衛門(つつみ いそえもん)です。堤磯右衛門石鹸製造所は1873年(明治6年)3月、横浜三吉町四丁目(現:横浜市南区万世町2丁目25番地付近)で日本最初の石鹸製造所を創業しました。そして同年7月に洗濯石鹸が作られて、翌年には化粧石鹸の製造に成功しました。

1877年(明治10年)に堤磯右衛門石鹸工場で作られた石鹸は、第1回内国勧業博覧会で花紋賞を受賞しました。その後には、香港・上海へも輸出されて事業は順調に伸びていきました。そして明治10年代の前半には、石鹸製造事業は最盛期を迎えることになりました。1890年(明治23年)、時事新報が主催の優良国産石鹸の大衆投票で第1位になりましたが、全国的な不況と石鹸を作る同業者も増えたこともあって経営規模は縮小を余儀なくされました。そしてその翌年に創業者の磯右衛門が死去しました。その2年後の1893年(明治26年)に堤石鹸工場は、廃業しました。堤磯右衛門の門下が花王と、資生堂などで石鹸の製造を続けていきました。

銭湯では明治10年代から使用されはじめるようになり、洗濯石けんのことを「洗い石けん」と呼び、化粧石けんのことを「顔石けん」と呼んでいました。

日本の石鹸文化

日本では、お中元・お歳暮など礼儀上の贈り物として定番商品になっていますが、日本の生活文化圏によっては身だしなみが悪い、体臭が気になるという「忠告や当てこすり」の意味に取られる場合があるので、定番商品になっていますが配慮が必要になっています。

箪笥に石鹸を入れ衣類への移り香を楽しむ習慣は、芳香剤が普及するまでは石鹸が身近な香料だった事からきた文化の一つです。今では、石鹸自体(脂肪酸)の匂いも好みなどの対象になっています。

石鹸を受験生に贈ると縁起が悪い(滑る、落ちる)としたり、その逆に厄落としに石鹸を意味づけるなどの若者文化もありました。

以前は学校などでは、石鹸を網袋に入れて蛇口に吊すことが広く行われていたましたが、カラスが吊るしてある石鹸を食べてしまったりすることが多く見られたこともあり、石鹸んを網袋に蛇口に吊るすことは少なくなりました。